英会話スクールランキング

ここでのランキングは、仕事に生かせる英会話という面でのランキングです。趣味としての英会話や、友達を作りやすいか否か、等のランキングではありませんのでご注意ください。

また、英会話スクールは、地域差、校舎差があるので、以下のランキングを鵜呑みにせず、実際に、体験レッスンに行って、複数のスクールを比較して決めることをお勧めします。

続きを読む
posted by 人材派遣会社ランキング at 20:11 | 資格取得・英語力UP

英会話教材

英会話教材は、リスニング力やリーディング力を鍛えるのに最適です。

英会話スクールは、アウトプットを鍛えるには最適ですが、十分なインプットができません。また、英会話スクールでのインプットは、コストパフォーマンスが悪いです。

英会話教材でしっかりと吸収して、それを英会話スクールなどで実際に話して練習するのが、効率の面でも、お金の面でも、良いでしょう。


では、どのような英会話教材が良いのか。英会話教材は、様々な会社から出ていますが、玉石混交で、質の悪いものも少なくありません。

例えば、広告を打ちまくっているエスプリライン。一度はウェブ広告で見たことがあると思いますが、こちらは、教材の質に関して、クチコミでの評判が非常に悪いです。

こういう教材も多々あるので、あまり聞いたことのない会社の教材は、大丈夫という確信がない限り、避けることをお勧めします。

実際、大手出版社のものが、価格も常識的ですし、教材の質が総じて高いです。

そこで、ここでは定評のあるアルクの教材をいくつか紹介します。
続きを読む
posted by 人材派遣会社ランキング at 20:01 | 資格取得・英語力UP

英語の実力をつける

仕事で使う英語で大事なのが、リーディングとリスニングです。特に英語力を買われて就業した場合など、英語のドキュメントの和訳などを任されることもありリーディング力はおろそかにできません。

また、私は議事録の作成などを実力が足りないながらもさせてもらった経験がありますが、リスニング力は日本人全般に弱いこともあり、これも強いと頼りにされます。

という訳で、リーディング力とリスニング力から入り、ライティング、スピーキング能力を磨く順番が良いです。

また、純粋に英語の学習という面から見ても、リーディングやリスニングで英語のインプットが少ないと、ライティングやスピーキング能力も伸びが遅いので、まずは、リーディング力とリスニング力の強化を進めるべきです。

単語・イディオム

具体的には、単語とイディオムをある程度覚えておくことが必要になってくるでしょう。知らない単語は読めないし、聴き取れても理解できない訳ですから、覚えておく必要があります。

ただし、学校での英語の勉強と違い、仕事での英語となると、分野が限られて来る分、覚えるべき単語も絞ることができます。

リスニング強化

リスニングの勉強は重要です。もちろん第一には、リスニング力の強化のためですが、それだけではなく、リスニングの勉強は、素早く英文を(返り読みではなく)頭から理解する練習にもなるので、自然とリーディングも強化されます。

どのようにして、リーディング力、リスニング力を中心として英語力を強化するかについて、以下に示します。

英語雑誌・教材

英語雑誌や教材は、毎月新しい教材に取り組むことになるので、ペースを掴みやすく、飽きがこないのがメリットです。また、英会話学校に通うのに比べて、安く済みますので、おすすめです。[続きを読む]

英会話スクール

英会話スクールは、費用は掛かりますが、正しく利用すれば効果の高い勉強方法です。また、スピーキング能力を伸ばすためには、いずれ外国人との練習が必要になってきますので、英会話スクールを活用する時が来るでしょう。[続きを読む]


posted by 人材派遣会社ランキング at 19:51 | 資格取得・英語力UP

時給アップにつながる、英語力をつける方法

時給アップにつながる英語力とは何かというと、それは英語関連の職歴とTOEICです。

今まで英語関連の職歴がないのであれば、TOEICの点数を上げるしかありません。

ご存知の通り、日本の企業のほとんどはTOEICの点数を英語力を測る基準にしています。ですので、TOEIC対策というのが、もっとも直接的なアプローチということになります。

TOEIC対策

では、TOEIC対策に何をすれば良いか?ですが、まず重要なのは、TOEICを受けるということです。TOEICは何回でも受けることができます。そして、ほとんどの人がTOEICのテストを受ける度に点数を上げていきます。つまり、TOEICのテストに慣れることが最大のTOEIC対策になります。

では、TOEICに慣れること以外の対策に何が有効でしょうか?

それは、解説のしっかりしたTOEIC対策問題集をやることです。自分の弱い分野の問題集を買ってきて、ひたすら解いて解説を読んで勉強することが、最も効率の良い方法です。通信制の英語教材や英会話スクールのTOEICコースも悪くはありません。しかし、問題集で十分です。

本当の実力をつけること

企業はいまだにTOEICを英語力を測る基準にしていますが、実際のところ、TOEICの点数は英語の実力とは違います。TOEICで800点、900点とっている人でも実際に仕事をさせてみると、使えないことがほとんどです。

それは、TOEICのテストの方法が間違っているというよりは、問題が簡単過ぎるのです。多少英語ができるとすぐに900点台になってしまいます。

そこで、職歴に英語関連の仕事を加えるにあたって、TOEICはきっかけにはなるでしょうが、その次、つまり本当の英語の実力を上げることが必要になってきます。[続きを読む]


posted by 人材派遣会社ランキング at 19:41 | 資格取得・英語力UP

正社員への転職(紹介予定派遣&転職支援サービス)

このページでは、正社員に転職する方法をご紹介します。

正社員に転職する方法は、3つあります。

1.ひとつはみなさんご存知の、紹介予定派遣というもの。これは、派遣社員として勤務を始め、派遣期間終了時に両社合意の上、正社員になるというもの。派遣会社に登録していると、そういう求人案件がありますよね。一番身近な方法ですね。

2.ふたつめは、自分で直接企業に応募する方法。企業のホームページを見てみると、中途採用の情報が出ていたりします。このような企業に直接応募する方法です。昔はこのような方法が多かったと思いますが、現在は主流ではありません。

それでは、現在の主流の方法とは何か、ということですが、

3.それが、みっつめの方法で、転職支援サービスを使う方法です。

紹介予定派遣については、みなさんよくご存知だと思いますので、ここでは、転職支援サービスについて、少し掘り下げてみますね。

転職支援サービスは、転職エージェントとも呼びますが、個人と企業とを結んでくれるサービスです。

転職支援サービスを利用するメリットは、
1.オモテに出てこない求人案件を持っているということ
2.転職支援サービスの社員の方がプッシュしてくれるので、一人で中途採用を目指すよりも有利であること
3.就業中であっても、転職活動のほとんどをサポートしてくれるので、無理なく転職活動ができること

が挙げられると思います。

次に、転職支援サービスが何をしてくれるのか、簡単にまとめると、

1.転職支援サービスでは、まずはじめにキャリアプランなどをじっくりとコンサルしてくれます。
2.その後、担当のCA(キャリアアドバイザー)が、現在求人募集しているたくさんの企業の中から、希望や能力にあった会社を紹介してくれます。
3.願書を提出したい会社をピックアップして伝えると、願書提出から、面接のセットまでをCAの方が転職者の代わりにやってくれます。

実は、この転職支援サービス、個人的に非常におすすめなんですが、その大きな理由は、非公開求人(オモテに出てこない求人情報)があるということと、まだ派遣スタッフの方の利用が少ないことです。

実際、派遣スタッフのスキルは高いのですが、そのスキルの高い人たちがまだ、ほとんどこのサービスを利用していません。

しかし、企業側は、景気の回復傾向から採用を増やす傾向にありますので、今が正社員になるためのチャンスの時期と言えます。

それから、派遣スタッフは紹介予定派遣に集中しがちなので、転職支援の方が穴場になっているという面もあります。
派遣と同じく、転職支援サービスも無料で利用できますので、積極的に活用してみてはいかがでしょうか?

以下に、転職支援サービス各社を紹介しますので、参考にしてみてください。

DODA
DODA(デューダ)は、非公開の求人が多いため、転職を考えているなら、登録をおすすめします。

株式会社リクルートエージェント



JAC
外資系転職支援サービス会社。こちらは、あまりおすすめできないんですが、一応挙げておきます。 おすすめできない理由は何かというと、早く決めたがることと、紹介企業のすべてに書類を出して、JACの持っている案件にねじ込もうとする傾向があるという批判の声があるからです。派遣と違い、長く勤めることになる訳ですから、ちょっとおすすめしにくいんですよね。でも、プッシュしてくれないと動けないって人には良いかもしれませんね。


技術系の転職支援サービス

株式会社メイテックネクスト
エンジニアの人材サービス大手です。求人企業は、大手からベンチャーまで、かなりのボリュームがあるので、登録して損はないです。
posted by 人材派遣会社ランキング at 01:13 | 派遣会社
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。